結婚式の二次会ではビンゴゲームやクイズなど、新郎新婦とゲストの皆で一体となって盛り上がる場となります。その際の景品では、ゲストの多くに行き渡るように配慮したり、豪華景品を盛り込んだりなど下準備が大切です。さらに、二次会の運営費用はゲストによって支払われる会費制が主流です。ゲストの男女比率や収容会場によって設定金額が変わってくることから、ゲストからの不満が出にくいよう設定金額を設定することも重要です。景品費用は思った以上にかかってきます。ネットショップなどを上手く活用して値段を安く抑えることも必要です。新郎新婦は式の準備で忙しくなるので、幹事の方と連携をとりながら進めていくことが好ましいです。二次会会場の準備から景品選びまでは、挙式の一か月前までには揃えておくことが肝心です。

結婚式の二次会で用意すると喜ばれる景品

結婚式の二次会では、会員制にしている場合がほとんどなので全ての景品を豪華にすることは難しいです。トップ賞や上位に当たる賞品を豪華にすることで、ゲストにインパクトを与えることができます。二次会には男女問わず参加します。どちらに景品が渡っても困ることのないよう、男女兼用の商品を用意しておくことも忘れてはいけません。これらを踏まえた上で、人気の景品を盛り込んでいきます。人気景品となっているのが、テーマパークのペアチケットや旅行券です。自分では買いたくても、なかなか買えないという点が好評となっています。また、高級食材や美容家電なども盛り込んでいるとゲストに喜んでもらえます。豪華景品ばかりに目が行きがちですが、多くのゲストに景品が行き渡るよう参加賞も多く用意しておくことが必要です。

結婚式の二次会を素敵に演出するための景品選び

新郎新婦とゲストがより近く盛り上がれる結婚式の二次会では、必要となる景品の個数や種類を決めておくことが求められます。景品の個数は3個から15個くらいが適していています。景品が少なすぎると早めにゲームが終わってしまうことも予想されるので、少し多めに用意することをおすすめします。上位や豪華景品ではないけれど高級感を演出するために、高級チョコレート、有名ブランドの化粧品セット、有名ブランドのネクタイなどの用意が適しています。景品選びでは、誰がもらっても嬉しいと思えるものを慎重に選ぶことでゲストに喜んでもらえる二次会となります。二次会も結婚式と同様、最後まで楽しんでもらうことが重要です。ゲストの年齢層や雰囲気によって景品を用意すると、さらに素敵な時間を過ごしてもらえます。