結婚式とは、夫婦という絆を結ぶ二人の関係を周囲お披露目し、式の招待客に祝福されて人生の新たな門出を祝う大切な儀式です。その後に行われる二次会も、夫婦と招待客の親睦を深めるという意味でとても大切なものです。今回は、そんな二次会に華を添える景品選びについてお話しします。景品を選ぶにあたり、まずは予算を確保します。結婚式と二次会には少なくない金銭が必要とされ、式の進行によっては予定外の出費もありえます。それを加味した上で、二次会の参加人数と合わせて予算を算出します。次に、何人に景品を配るかを決めます。景品の値段に故意に差をつけて臨場感を持たせたり、和やかなムードを心掛けたりするのであれば値段に差をつけずに全員に配れるように質より量にこだわるのも有りです。いずれにせよ、場の空気を悪くしないように心配りが必須です。

結婚式後の二次会の景品の選び方

二次会での景品選びですが、念頭に置かなければいけないのが、贈られる方の身になって考えるという事です。これを忘れてしまっては、本命である結婚式の印象すら悪いものになりかねません。景品選びで注意すべき事ですが、持ち運びが容易なものを選ぶのがポイントです。長時間に渡り招待客は拘束されるのですから、引き出物などの手荷物もそうですが、長距離からのお客様にも持ち運びが便利なものにします。お勧めの景品をピックアップしましたので、参考までにご覧ください。軽いものであれば、コーヒーや紅茶のセット、もしくは紙でできたチケットや商品券などが持ち運びも容易です。高級感を狙うなら、ブランド肉や限定スイーツのセットが人気です。この場合はその場で渡すのではなく、元払いで宅配を依頼するのを忘れてはいけません。趣味の集まりなど、メンバーの傾向が限定されるならば、メンバーの好みを考慮したアイテムを選ぶ道もあります。

結婚式後の二次会で選んではいけない景品の実例

折角の景品を選んだとしても、受け取った人に喜んで貰えなければ意味がありません。畏まった結婚式の後ということで、二次会の景品にサプライズ狙いの景品を選んでしまい、場を悪くしてムードを悪くしてしまう残念なケースが後を絶ちません。以後、選んではいけない実例を述べますのでご覧ください。まずは最も選んではいけないのがアダルトグッズです。良識的な方や羞恥心の強い方には嫌な思いをさせてしまい、チョイスした人間の常識を疑われるケースもあります。次に選んではいけないのが、使用期間が短いチケット等です。プレゼントされた側にも予定があります。もし短期間しか利用出来ない娯楽施設のチケットを貰ったとしても、予定を開けられなくて無駄になってしまう危険性があります。チケットや回数券を景品にする場合は、あらかじめ試用期間の長いものか無制限のものを用意します。