結婚式の二次会には色々なパターンがあります。立食式のものや仲間内だけで行う安価で簡易的なものなどです。そこで行われるゲームなどの景品は楽しみの一つでもあります。しかし頂く内容によって、これはちょっともらっても、と思う景品もあるかもしれません。そういった場合、景品を無くして会費を安くした方が良いと考える方もいらっしゃいます。会費を安くするのは招待客にとってもありがたい話ではありますが、その分料理が少なかったり飲み放題じゃなく制限があったりすると景品も無く料理も出なかったと思う方もいらっしゃるのでそこは気をつけなければいけない点です。やはり、必要ない物などでも、そこはお祝いの席なので皆さん、ゲームを楽しんで少しでも景品がもらえるのなら嬉しい話です。ゲームや景品が無いなら別の趣向で招待客を楽しませる必要があるかもしれません。

結婚式の二次会で喜ばれる景品は

結婚式の二次会は、招待客と新郎新婦が一緒に楽しむゲームやビンゴ大会が定番です。特にビンゴ大会は二次会の目玉としては定番中の定番で人気ゲームや家電などの景品がもらえるとあって、とても盛り上がります。景品は用意する側も何にするかで結構悩みます。もらっても嬉しくないと思われたら残念ですので幹事は試行錯誤します。二次会でもらった景品で良かったと思うものを調べると定番ですが人気のテーマパークのペアチケットが上位にあげられます。後は日常で使用できる物で自分では買わないけど貰ったら使いたいと思う物が挙げられます。可愛い小物や便利なキッチングッズなどは女性からの評判も良く人気が高いです。目玉景品は高価なものにして後は安価でも評判が良い物にすれば数をたくさん用意出来るので大勢に景品が行きわたり皆に喜ばれます。

結婚式の二次会で出す景品の金額の相場

結婚式の二次会で用意する景品は高価な物が当然喜ばれるわけですが予算の関係で、あまりにも高価な物ばかり揃えようとすると数が少なくなってしまいます。招待客全員になるべく景品が行きわたるようにする事も大事ですし、会費もなるべく高くしないように心がけることが大切です。会費が高くて景品も貰えなかった、なんて人が沢山出てしまうと満足度が下がってしまいます。いくらお祝いの席だからと言っても現実は皆さん、結構シビアに考えてしまいます。会費にもよりますが目玉の景品は30,000円くらいの物で、後は5,000円から10,000円前後の物を2~3個、残りは景品を用意する個数に応じて金額を決めるとバランスが良いです。目玉の景品と一番下の景品にあまり大差がないと、せっかく当たってもがっかりしてしまいますので、そこはしっかりと差をつけるようにすると良いです。